メイン画像

Crocodile Softwallet

流行に左右されない価値を。
ワイルド感ただようクロコダイルレザーに魅了されデザインしたウォレット。
ウェブの効いた大きなウロコと太い溝、素材のイメージとは逆にソフトで繊細なディティール等、セカンドエフォードらしいシンボリックなアイテムです。

Crocodile Softwallet


DESIGN

「イレモノ」に想いを馳せて

幼い頃の印象は色あせず私の中に宿る。
使い古した革のカメラケース、カバン、靴、
そしてブルゾンなど…
独特な匂いと、どこか大人っぽい雰囲気に
違和感を感じつつ徐々に魅力を感じるようになった。
生活に必要な道具や履物、野球のグローブなど
様々な用途に革は「イレモノ」として使われる。
その用途だけでなく質感やデザインは使い手の
人生観をも喪す大切なものであると思う。

MANUFACTURING

使い込むほどに味わいを感じて

幼い頃の印象は色あせず私の中に宿る。
ワニ革が持つダイナミックな附柄、
柔らかな素材と縫製、手に馴染むしっとり感、
「使い込むほどに生まれる味わい・愛着」を感じてほしい、
そんな私達の思いが伝わればと取り組んでいます。
アフターサービスも充実しており、
安心して満足いくまで使い込んでいただけます。

磨き込まれた金属類
一般的に革製品に使われるクロコダイルは、スモールクロコ、ラージクロコ、ナイルクロコ、シャムワニの4つに分類され、鱗模様の種類は、腹部の「竹班(タケフ)」と脇腹の「玉班(タマフ)」に分けられます。 腹部中心から脇にかけて徐々に鱗が小さくなり、鱗部分の幅1cm単位ごとに価格が定められ、価格は大きさや傷の有無、種ごと通量が限られており、非常に稀少性が高い素材です。

使用しているクロコダイル素材の特徴
ソフトウォレットシリーズで使用している素材は、シャムワニです。シャムワにはクロコダイル科に属します。特徴は腹部の鱗の形状が長方形で、 スモールクロコに似ていますが腑は少し大きめです。当店はその中から激戦した革を使用し、素材の良さ・特徴を活かす デザインに仕上げています。